Webデザインを学ぶなら独学ではなくスクールがおすすめの理由

公開日:

「Webデザインを学びたいけれど、独学とスクールはどちらがいいのだろう」とお悩みではありませんか?Webデザインを学ぶなら独学ではなくスクールがおすすめです。スクールは効率よく学べて就職の斡旋もしてくれるからです。この記事では、Webデザイナーに求められるスキルと独学のデメリットについてご紹介します。

Webデザイナーに求められるスキル

Webデザイナーに求められるスキルは、主に3つがあげられます。

Webサイトを作成するためのソフトが使える

Webデザインは、写真やイラストを加工するためのソフトやWebサイトを作成するためのソフトを使える必要があります。Webデザインに使用するソフトとして有名なのはAdobe社のPhotoshopやDreamweaverです。

Photoshopは写真やイラストの加工ができるソフトで、トップページなどに掲載する写真やイラストを加工します。DreamweaverはコーディングをしなくてもWebサイトをある程度作成できるソフトで、Webデザインに関連するファイルの管理もできます。

また、Webサイトは作成しただけではインターネット上に公開されません。Webサイト設置のためには、サーバーにファイルを転送するためのFTPソフトの使用が必須です。Webデザインに使うソフトだけでなく、ファイル転送するためのFTPソフトも使えるように学習しましょう。

Webサイトを構成する言語が使える

Webサイトはある程度ソフトで作成することができますが、クライアントが納得のいくデザインを作るためには、Webサイトを構成する言語の修得が必要です。Webサイトを構成する言語は主にHTMLとCSSがあげられます。特にCSSはデザインを形成している言語なので習得していないとデザインができません。

また必須ではありませんが、ブログ運営するための主流のCMSであるWordPressなどを組み込んでデザインしたり、ボタンの作成などをしたりする場合もあるので、PHPやJavaScriptを使えるとよいでしょう。

デザインに必要なボタンなどの配置や色の基礎知識がある

Webデザインには、メニューバーなどの適切な配置や配色の基礎知識が必要です。Webサイトはデザインが凝っていても、ユーザーがどこをクリックしたらいいかわからないと閲覧してもらえません。

また、配色によってユーザーへの印象が変わるため、カラーデザインの知識も必要です。カラーデザインの知識は、配色だけでなく写真の加工にも使えます。ユーザーの閲覧を意識したボタン配置やカラーデザインの知識も習得しましょう。

独学でWebデザインを学ぶデメリット

独学でWebデザインを学ぶデメリットは大きく3つあります。

挫折しやすい

独学で最大のデメリットは挫折しやすいことです。独学はいつでも勉強できるので、つい先延ばしをしてしまいます。先延ばしをするとだんだんと学習しなくなり、最後は挫折します。

特にコーディングは、英語のような文字をひたすら入力していく作業となるため、始めるまでの心理的ハードルが高く独学では挫折しやすいといえます。スクールの場合、コーディングも1つ1つ解説してくれるので心理的ハードルが低く取り組みやすくなります。

不明点を質問できない

独学で勉強しているとわからないことがあっても質問できません。今ではネット上で情報がたくさん出ていますが、その答えであっているのか?というのは自分で判断しなければなりません。

スクールの場合、講師に質問すれば正解を教えてくれるので、わからない部分も自信を持って身につけることができます。

効率のよい学習ができない

独学の場合、本やネット上の情報で習得することになります。そのため、Webデザイナーに必要な知識を1つずつ自分で検索し習得していかなければなりません。スクールの場合、体系的に必要な部分だけを教えてくれるので1つずつ調べる必要がなく、効率的にWebデザインを習得できます。短期間で効率よくWebデザインを習得したい場合は、スクールを選びましょう。

Webデザインは専門のスクールで学ぶのがおすすめ

Webデザインを効率よく学習するには専門のスクールで学ぶのがおすすめです。スクールは効率よく学習できるだけでなく、Webデザイナーの就職を斡旋してくれるものもあるからです。

また、Webデザイナーになるには、スキルを習得しただけではなれません。Webデザイナーになるには、Webデザインを行っている企業に就職し実績を積む必要があります。

独学で学習した場合、Webデザイナーとして就職できる確率は低いです。なぜなら独学の場合、どこまでスキルがあるのか証明できるものがないからです。Webデザイナーになりたい場合は、就職を斡旋してくれる専門のスクールで学習しましょう。

 

Webデザイナーになるには、デザインを作成するために使うソフトの習得や、サイトを作るための言語、ユーザーへの印象を決めるカラーデザインなどのスキルが必要です。それらを効率よく学習するにはスクールがおすすめです。また、スキルを習得しただけではWebデザイナーにはなれません。Webデザイナーになるためにも就職の斡旋があるスクールに通いましょう。

おすすめのWEBデザインスクールランキング

イメージ1
2
3
4
5
スクール名日本デザインスクールインターネット・アカデミーヒューマンアカデミーシーライクスデジタルハリウッドstudio by lig
特徴卒業後も続くコミュニティが魅力!短期間でプロを目指せるスクールキャリアサポートが充実!豊富な実績を持つWeb専門スクール多面的なサポート制度の完備で、初めての方でも安心!定額・学び放題が魅力!女性限定のキャリアスクールWeb制作会社と専門スクールの強みを生かした講座内容が魅力
詳細リンク